2019年4月6日 西武鉄道新宿線 武蔵関〜東伏見間
 
武蔵関〜東伏見間、武蔵関公園付近は西武新宿線随一の桜の名所


 春が来た、と言うわけで花見がてらの撮り鉄へ、毎年西武新宿線で花見がてらの撮り鉄をしています…というものの昨年(2018年)は桜の開花が予想より早く、このお花見撮り鉄の日程がとれず悔しい思いをしました。
 今年はお花見撮り鉄が出来ましたので、一昨年に引き続きその撮り鉄をサイトにまとめてみました。その花見がてらの撮り鉄のステージは、これも毎年恒例の場所となっている西武新宿線・武蔵関駅の少し本川越方の武蔵関公園の近く、線路が石神井川と寄り添う区間だ。
 ここで花見をしながら走る西武新宿線の電車の姿を記録した。
 2019年4月6日、新青梅街道をかっ飛ばして武蔵関駅近くのコインパークに到着した。そして武蔵関公園近くの「長者橋」付近の桜の様子を見ると、もう満開を通り越して少し散ってしまっている状況だったが撮影決行を決断して、毎度来ている撮影ポイントへ行ってカメラを構えた。
最初の写真は、武蔵関公園近くの長者橋の上から去りゆく下り電車の後ろ姿。旧2000系ということは分かったが、車号は確認できず。だが初っぱなから旧2000系が来たことで今回の撮り鉄はテンションが上がった。
というわけで川越しに桜と電車が見られる場所に移動する。一昨年まで撮影していた場所は、桜の木の枝振りや、線路手前の植生などが変わって撮影が難しくなっていたので、今年はいつものポイ