「あにめの記憶」特別企画・「クレヨンしんちゃん」アニメ化25周年記事

で買い物をした!


・「クレヨンしんちゃん」劇中ストアが現実に!
 私が昔から人気漫画「クレヨンしんちゃん」原作者である臼井儀人先生のファンだったこともあり、本サイトで「クレヨンしんちゃん」のアニメを何度か取り上げてきた。この「クレヨンしんちゃん」は日常生活を舞台とした現代物語であるので、主人公の野原一家が近所のスーパーに買い物へ行くシーンは欠かせないものとなっている。
 それらのシーンで、原作漫画・テレビアニメ・劇場版アニメに共通して出てくるスーパーが「サトーココノカドー」である。もちろんこの店は架空のものであり、劇中のみの存在なのはいうまでもない。「クレヨンしんちゃん」は舞台が埼玉県春日部市であることが明確になっているが、一家が買い物に行くシーンで実在のスーパーを出すわけにはいかなかったのだろう。そこで春日部市に実在する「イトーヨーカドー」をもじった名前が付けられたのだと考えられる。「イトー」が「サトー」に、「ヨーカ」を8日に引っかけて「ココノカ(9日)」ともじり、さらに「イトーヨーカドー」のハトのマークまでパロディにしてコウモリマークにしてしまう…そんなセンスは臼井先生らしいノリだと私は思った。そして「クレヨンしんちゃん」劇中にこの「サトーココノカドー」が度々出てきては、このギャグ漫画を盛り上げてきたのは確かだろう。

 2017年、「クレヨンしんちゃん」はアニメ化25周年を迎えた。これを記念して「クレヨンしんちゃん25周年プロジェクト」が開催されている。その中でも埼玉県春日部市と東武鉄道を中心に春日部市を舞台に「クレヨンしんちゃん25周年記念企画 オラのマチ春日部にくれば〜」という企画が実施されており、東武鉄道はしんのすけや「かすかべ防衛隊」の面々などをラッピングした「クレヨンしんちゃんラッピングトレイン」を5編成も走らせて盛り上げており、春日部市では主要ショッピングスポットで統一バーゲン「みさえ ザ・バーゲン」などが実施された。この企画は春日部市だけでなく東武鉄道の駅やスカイツリーにも及んでおり、まさに皆で「クレヨンしんちゃん」を盛り上げようという意気込みが伝わってくるものだ。

 そんな中で、春日部駅近くにある「イトーヨーカドー春日部店」もこのイベントに手を挙げた。その内容は統一バーゲンへの参加だけでなく、店を「クレヨンしんちゃん」劇中のスーパーである「サトーココノカドー」にしてしまおうという大胆な企画だった。期間限定で屋上の大看板を「クレヨンしんちゃん」劇中に描かれたのと同じ「サトーココノカドー」の看板に変更し、店員には「サトーココノカドー」ロゴ入りの法被を着せ、紳士服売り場ではオリジナルネクタイの販売、さらには期間初日には野原しんのすけが一日店長という夢のような企画をぶちまけたのだ。

 私がこのニュースを最初に知ったのは4月1日、最初はエイプリルフールのネタかと思った程信じられなかった。ネット上に「イトーヨーカドー春日部店」の看板が「サトーココノカドー」に変わったという目撃情報が出るに及び、「マジかよーっ!」と独り叫んでしまった。そして決断した、「これはなんとしても『サトーココノカドー』で買い物をしなければならない」と。幸いにもイトーヨーカドー春日部店が「サトーココノカドー」として営業する4月9日の週は休日が多く、うち1日を春日部探訪に回すくらいの日程的な余裕がある。本当は4月11日に行く予定だったが、雨では看板等の写真を撮るのに支障があると考えて1日順延して4月12日に、愛車で国道16号を飛ばして春日部へ向かった。
 その買い物の記録を今回まとめた。「クレヨンしんちゃん」のファンはそれこそ全国にいると思うので、期間中に春日部へ行くことが出来ずに歯ぎしりしている方も多いことと思うので、現実になった「サトーココノカドー」の様子をお伝え出来ればと思う。少しでもその雰囲気が伝わるよう、3D写真のコーナーも作ったので、下記のメガネをお持ちの方は是非ともご覧戴きたい。

・3D写真公開について
 「サトーココノカドー」の風景を3Dで見てみよう!
 今回の写真展では3D画像も公表したので、「アナグリフ式」の3Dメガネをお持ちの方は是非とも試して頂きたい。3Dとはいえ特に特別なモニターなどは必要なく、メガネさえあれば普通のPCのモニターやスマホなどでもご覧頂ける。また「アナグリフ式」3Dメガネは簡単に作れる上、ネットショップなどでも格安に販売されているので下記をご参照頂きたい。

※アナグリフ式3Dメガネについては、下記サイトをご覧下さい。
 ・作り方
 3Dメガネの作り方【青赤メガネ】アナグリフ方式|3Dニュース
 
 ・販売サイト
 Amazon.co.jp: アナグリフ 3Dメガネ
 Yahoo!ショッピング:アナグリフ 3Dメガネ
 楽天市場:アナグリフ 3Dメガネ

注意!
なお目の疲労などを防止するため、3Dでの長時間の閲覧はお控えください。当サイトの3D画像を見たことで視力低下などがあったとしても、当方は責任を負いかねます。
 通常写真展に入る   3D写真展に入る 

「あにめの記憶」トップに戻る