前ページ「あにめの記憶」トップへ次ページ

・「ポリアンナ物語」第ニ部オープニング
「微笑むあなたに会いたい」
 作詞・浅見純 作曲・鈴木キサブロー 編曲・矢野立美 歌・工藤夕貴
 このオープニングも背景画像はかすかに記憶に残っていた。それと歌詞表示の横文字部分に「しゃいん」「びりいぶ」という感じで平仮名でふりがなが振ってあったのだけは覚えていたのだが、それが「ポリアンナ物語」のオープニングだと言うことは忘れていた。見て「これだったか…」とまた一つ謎が解けたわけだ。
 え〜と、楽曲の内容については第一部オープニングの「し・あ・わ・せカーニバル」をバラード調にすればこんな感じになりますよってだけ。これならオープニング変えなくても良かったんじゃないかと思うが、恐らく第一部と第二部で物語の展開が変わるため、スタッフは心機一転のつもりでやったのだろう。
 背景画像はボストンの町並みが主である。ボストンの街で何かを探すポリアンナ、これは第二部の前半における展開を示唆したものだと思う。そしてニルスになって大空に翔んでいったかと思ったら、最後は第二部主要キャラと同じボートに乗っているという内容だ。このボストンの町並みの細かさばかりに目がいって、ポリアンナが印象に残らないという凄いオープニングは別の意味で見る価値ありと思う。

第28話「忍びよる影」
名台詞 「ごめんなさい、おば様。私の…私のために…。」
(ポリアンナ)
名台詞度
 チルトン診療所の手伝いと、汽車で5時間もかかるポリアンナのボストンへの通院への付き添い、これらの激務によってパレーは体調を崩し始める。ボストンの病院で目眩を起こしたパレー、帰りの汽車の中で居眠りするパレー…この激務に耐えるパ