前ページ「山賊の娘ローニャ」トップへ次ページ

第21話 「とどろく滝と鳥女」
名台詞 「ええ、そうよ! 私は11の冬を生きてきたけど、このままじゃ12番目の冬には生命を落とすことになるってね。だけど私、地上に生き残っていたいのよ。そういうことが、あなたには解るかしらね!?」
(ローニャ)
名台詞度
★★★
 クリッペンが説得を諦めて帰った後、ローニャとビルクは言い合いになるが、今回は珍しくビルクに「自分が間違っているのかも知れない」という思いがあり弱気だ。だがそれでも「君がここへ来てから、時々一人で何を考えているのか知っているんだ」とローニャに突きつける。するとローニャが叫び返す台詞がこれである。
 そう、ローニャは家に帰りたいのだ。ビルクはそれを見透かしていたことをローニャに告げたはずだった。だがローニャが家に帰りたい理由としてこの台詞に込めたのは、ただ単に家が恋してとか皆が心配しているとかそういう浅い考えでなかったことがビルクにとっての「予想外」だったはずだ。ローニャはこの台詞を通じて、この生活がいつまでも続くわけがないという「現実」を突きつけてきたのだから。冬になれば厳しい気象環境と食糧の枯渇で生きていけないことはビルクの目にも明かで、ローニャはその時に待っているのは「死」だという一歩踏み込んだ考えを持っていた。その上でそれによって死ぬことは本意でないことを訴え、そのために秋の終わりには帰らなければならない「覚悟」を決めていたはずだ。ローニャの「帰りたい」という気持ちはたとえ建前であったとしても、このような「現実的な問題」に裏打ちされたものなのだ。
 対してビルクはこの台詞に返す言葉がない。驚いた表情でローニャを見つめると、「そんな冬のこと忘れなよ、今は夏なんだよ」と返して問題を先送りするだけであった。
名場面 説得 名場面度
★★
 今話は、前話の続きのシーンとしてクリッペンが「熊の洞」を訪れたシーンから始まる。クリッペンはロヴィスがローニャに作ったパンを届けに来たとするが、パンを渡すと「もう家へ帰らないか?」と切り出す。ローニャの顔は瞬時に曇り14秒間の沈黙を挟むと「このごろマッティス城はどんな具合なの?」と返す。クリッペンは「この頃じゃ城の中は悲しいもんさ」とした上でローニャの肩に手を置き「帰っておいでよ」とする。「それを話すようにって母さんがあなたをここに寄越したの?」と問い返すローニャに、クリッペンは「あんたがいないと辛すぎる」「みんなが帰ってるのを待っている」と返すが、ローニャはマッティスのことを聞く。返す言葉がなくて震えるクリッペンは「何を考えているか解らない」と叫び返す。それでも「いつものあんたらしくしゃべってよ…あの人、私の名前を呼んだこと一度もないの?」とローニャが鋭く聞き返すと、クリッペンはそれを認めた上でマッティスの前でローニャの名前を出すことも出来ないと現状を語る。慌てて口を塞ぐクリッペンと悲しい顔のローニャ。ローニャが「私がマッティスの子供でないうちは帰らない」と宣言すると、クリッペンは頭をかきむしりそれが正論であることを認める。二人のやりとりを影から見守るビルク、ビルクの表情も悲しそうであった。
 ここまでの展開を見ていれば、クリッペンが説得したからと言ってローニャが城に帰る展開になるとは誰も思っていないだろう。だからローニャがどのようにそれをはね除けるかは視聴者の最大の関心事であるはずだ。もちろんクリッペンは彼なりに言葉を尽くしているが、根が正直なせいで言ってはならない余計な情報まで口走っている点が見ていて面白いところだ。だが山賊の他のメンバーであっても、もっとうまくローニャを説得できたとも思えないように微妙に描いてあるのもここでは注目点であろう。でもクリッペンの言葉からは、少なくともロヴィスと山賊達はローニャを心から心配していることは伝わってくる。マッティスがヤケクソになっていることも含めて。
 一方のローニャは、クリッペンの説得からまだ自分が家出してきた時のままであることを知る。だから帰るわけにはいかないという立場を取るのは当然だ。その決意の強さを改めて視聴者と劇中の登場人物に示すことになるだけだ。つまりクリッペンが現れた事で事態はなにひとつ変わらないということだ。
 だがこの説得過程を聞いていたもう一人の人物…ビルクの気持ちがとても微妙に描かれているのがこのシーンの一番の存在理由かも知れない。彼にとってローニャがクリッペンの説得程度で帰らないのは当然だろう。だが何かが面白くない、それはローニャが説得に来たクリッペンを快く出迎えたことかも知れないし、家出して来た城のことを聞き出そうとしていることかも知れないし、自分にはそのような迎えが誰も来ない事実の方に悲しんでいるのかも知れない。いずれにしてもビルクにとってこの使者は「面白くない」ものでしかないことが、うまく描かれた点は感心した。
感想  前話のラストに描かれたクリッペンの来訪は、名場面欄や名台詞欄のような展開を迎えたため、また二人の新婚生活が続く。しかし二人ともすっかり夏色にはまってのものだ。
 前半はとにかく名場面欄や名台詞欄で語ったとおりだ。クリッペンの来訪でローニャが帰宅の説得をされるが、予想通りローニャは帰宅を拒否する。その過程でのビルクの心の揺れを描き出し、名台詞欄までに二人の決定的な考え方の違いを浮き彫りにしてしまう。そしてその問題は棚上げにしたまま後半は別展開という忙しい話だ。
 劇中時間の数ヶ月後に訪れる冬のことは、夏のうちから対策を立てねばならない重要事項だが、ビルクはこれに真っ向から対処しようとせずにその対応から逃げているだけだ。だからローニャには「秋が終わったら帰るしかない」という考えに収束してしまうと言う、この思考の構造というものからも逃げているように描かれている。たとえばビルクが、冬の間の生活について何か具体的なアイデアを示してこれが実行可能と解れば、ローニャの「帰らなければならない」という心境は多少なりとも薄めることは出来たはずだ。ビルクがこの問題解決から逃げる理由は、やっぱりビルクにも帰りたいという気持ちがあるのだと思う。本当にビルクにローニャと共に家を捨てる気があるのなら、秋になったら人里まで行って誰かに保護してもらう等の手段があるはずだ。特に旅人を襲撃する山賊の子供だと解れば、村の人々からは絶対に返してもらえないことも解っているはずだ。ただ山賊をおびき寄せるための餌として使われる可能性はあるため、平和な暮らしにはならないだろうが。
 そして後半は、前話から出てきたあの滝と鳥女を巡る展開だ。こちらは「事件」のきっかけが描かれただけで、事件そのものは次話に回された形で今回はあまり見るべきところはない。だが今回ハッキリしたのは、鳥女は群れをなして生活をしているあろうことだ。今まで出てきた個体とは明らかに違う、毛の色が違う鳥女とかも出てきたし…やっぱりああいう姿形していても、あのうちの何羽かは雄なんだろう。
 二人は住んでいる「熊の洞」が鳥女に知られていない事を安堵するが、そういう問題ではないと思うぞ。クリッペンが探し当てたということは、少なくともマッティス山賊側は二人の居場所を掴んだわけだ。まだ誰かが説得に来るかも知れない、いや説得などどいう甘い言葉で済むものではなく無理矢理連れ戻しに来るかも知れない。二人は鳥女に見つかっていないこととは無関係に、住処を移すべきだと思うんだよなぁ。

第22話 「これかぎりの夏」
名台詞 「いいえ、私はきっと戻らないわ。その人がちゃんと戻って欲しいって頼まなきゃいけないのよ…ええ、そうしなきゃ行けないんだわ」
(ロヴィス)
名台詞度
★★★★
 詳しくは名台詞欄を参照して欲しいが、ローニャを連れ戻しに来たはずのロヴィスがローニャの問いに対して、現在のローニャの状況を自分に置き換えた場合の思いを語る。この思考を通じてロヴィスはローニャの家出の理由と、なぜ戻れないかを知ることになる。それはロヴィス自身がローニャの立場なら、やはりマッティスが頭を下げなきゃ帰らないであろう事実を思い知ったからだ。
 また、この台詞を語るときのロヴィスが険しい表情になっているのは、これはマッティスに対する怒りだろう。娘を傷つけ家出にまで追い込み、その現実から逃げているマッティスに「自分がやるべきことをさせる」という決意も表れているだろう。ロヴィスの性格がうまく出ていてとても印象に残った。
名場面 母の迎え 名場面度
★★★★
 ローニャとビルクが滝で鳥女に襲われた夕方、「熊の洞」に帰ってくるとロヴィスが来訪していることを知る。ビルクはローニャを連れ戻す迎えが来たことで不機嫌になるが、ローニャは母にすがって泣く。ロヴィスはなぜ自分がここへ来たかをローニャに確認するが、ローニャはそれが解っていない返答を返す。そして「二度と家に帰らないわ」と宣言するが、ロヴィスは「マッティスが川に飛び込むことになる」としてマッティスが寝ているときにローニャの名を呼びながらうなされている事や、マッティスがロヴィスのベッドで寝ていることを語る。そして「一番酷いときは誰かが支えにならないと行けない」と自分の役割を語り、「滅茶苦茶に自分をいじめている人を見るのは辛いもの」とする。ローニャはこれに驚くが、「自分がもし子供で倒産に酷く突き放されて名前すら呼んでもらえなかったとしたら、それでもその父さんのところへ戻って行く? もしその父さんが戻って欲しいと頼みに来なくても?」と問う。このロヴィスの返答は「(名台詞欄の台詞)」である。ローニャは「マッティスはそんなこと言いっこないんだわ」と叫び返し、また泣く。険しい表情で娘が泣く姿を見守るロヴィス、体育座りでふさぎ込むビルク。
 ローニャの説得にロヴィスが直接乗り込んでくるという重大局面を迎えた。もちろんこのシーンの最初の方で語られたとおり、ロヴィスの目的はローニャを連れ帰ることにあったはずだ。ロヴィスはマッティスのプライバシーに関わる部分もお構いなしに、マッティスの現状やこれに対する自分の対処を正直に話す。だが二人の会話が進むとロヴィスローニャがなぜ家出したかという理由を知ることになる。それはローニャが父親が大好きだが、その父親に裏切られたこと、それによって父に突き放されたことが理由であるという視聴者が既に認識済みの事実だ。自分を受け入れてくれない、たとえそれが形だけであってもそんな親の元に帰るわけに行かないというローニャの強い思いをロヴィスは見ることになった。
 だがらこのシーンのロヴィスは途中で考えが変わる。目的が「ローニャを連れ帰る」から「ローニャを理解し、ローニャが家に帰るようにするには自分が一人で帰った後どうすべきかを知る」ことに変わる。それが名台詞欄に記した台詞だ。ローニャを家に連れ返すには他の誰でもない、マッティスがここへ来なければならない。それも帰るように「説得」するのでなく「お願い」しなければならない、マッティスはローニャの親友に酷いことをして心を傷つけたことを謝罪させねばならない、そんなロヴィスの心の変化が上手く描かれている。
 そして次のシーンでは夜のシーンが描かれ、ロヴィスはローニャに遠回しに「自分は一人で帰る」旨を伝えることになるのだ。
感想  鳥女襲撃(その2)というピンチで前話が終わるが、これは確かに生命を賭したピンチであったが意外にあっさりと終わる。だがこの2話にまたがるピンチがあっけなく終わってしまった以上、その裏側にはさらなる一大転機が描かれるのはおやくそくだ。私は前半の前半分も使わないうちに鳥女襲撃が解決したとき、今話の主題はこの後に重大事件として描かれるであろうことは予測できた。ただそれが今話の終わりでなく前半の後ろ半分という早い段階で来たのは驚いたが…この鳥女襲撃というピンチは「小公女セーラ」「母をたずねて三千里」のこれらのシーン(リンク先の名場面欄参照)と同じ役割を持っていたわけだ。多分これがリアルタイム視聴でなく、ある程度展開を知っている過去作品視聴であったら前話の名場面欄は「次回予告」になったはずだ。
 その一大転機とは、名場面欄に記したロヴィスの来訪である。やはりローニャとビルクはクリッペンの来訪を受けた段階で、住処を他へ移す必要があったのだ。だが名場面欄に記したとおり、ロヴィスはローニャの気持ちを理解して連れ戻すことなく立ち去る。この過程で出てくる名台詞欄シーンの次、夜の子守歌のシーンも印象的だったなぁ。
 そのロヴィス来訪の過程で、「ローニャの母とビルクの母の違い」というのも明確にされるから面白い。ロヴィスの来訪を受けてローニャとビルクが短くやり合うが、その中にビルクの母のキャラクターが上手く表現されているから面白い。もしこの時に迎えに来たのがロヴィスでなくウンディスだったら…多分息子の言い分や気持ちに理解を示さず無理矢理連れ帰っただろうという展開が誰でも想像できるように描いてある。その場合、駆け落ちを示唆したのはローニャだと決めつける点も含めて。
 続いてビルクが相変わらず「やがて冬が来る」という現実から逃避するシーンが「おやくそく」のように描かれるが、ここでビルクが冬になったら「ローニャは一人で城に戻り、自分は一人でここに残る」「ここで凍え死ぬのは自分一人だけだ」と一歩踏み込んだ台詞を語るが、これで問題解決になっていないのは誰の目にも明かだ。次回予告によるとその解決はどうも次回のようだ。
 だがその過程で、ビルクがローニャに迎えが来たときの悲しみを語るのも上手い。ビルクは自分には迎えが全く来ないことが不満なのはよく見える。だからこそローニャが迎えに来たときのローニャの反応に、彼はいちいち心を痛めることになるのだ。
 そして後半は、またいつもの「物語が進まない展開」だ。キノコ狩りから始まって、馬に乗って木に登り…だがローニャがこの夏の思い出を大きさを語ることや、秋の訪れが冬の匂いが漂い始めたことまで示唆している。その中で「地下のものたち」再登場、ローニャが過去にこいつに連れ去られそうになったことを忘れている点は意外だった。そして「地下のものたち」はこの世界では「秋の風物詩」だったなんて…。

第23話「命はむだにできない」
名台詞 「君の生命を無駄にしたくないよ。ぼくのきょうだい。それは僕の一番したくないことだ。君の行くところなら、僕は何処へでもついていくよ。ああ、もしも僕がマッティス山賊たちのところで暮らさなきゃならなくなって、それで息が止まることになろうともね。」
(ビルク)
名台詞度
★★★★
 詳しくは名場面欄を参照して戴きたいが、ビルクがローニャとの二人きりの生活に終止符を打った重大な台詞であり、これはそのままローニャに愛の告白といっても良いだろう。
 そう、ビルクはローニャが大好きなのだ。だからこそ自分の家出にローニャが加わると言ってもそれを拒否しなかったし、二人だけの生活を心の底から喜んだ。そして厳しい現実から逃避して無理にでも二人の生活を続けようとし、いよいよそれがダメならローニャ一人だけを帰らせようとした。だがローニャにはそれで済まされない気持ちがあり、それを知ったビルクの口から出てきた「ローニャへの素直な気持ち」がこれであろう。
 そう、好きな子となら何処へだっていける、ビルクのそんな思いが上手く表れているのだ。本当はマッティスに「家に来い」と言われたとき、彼はその言葉に乗りたかったはずだ。そんなビルクの気持ちをローニャの「ビルクが残るなら自分も残る」という思いによって素直に吐き出された。そんな二人の構図を上手く再現したといって良いだろう。
名場面 ローニャとビルクが二人きりで語り合う 名場面度
★★★★★
 秋の日、水汲みに森へ行ったローニャの前にマッティスが現れる。そしてローニャに城に戻るように頼むが、ローニャは答えに窮する。そこにはローニャを追ってきたビルクの姿があったからだ。マッティスはローニャとビルクの関係を理解した上で、ビルクもローニャと共にマッティス城に来るように提案する。だがビルクはその提案を受け入れるはずがなく、マッティスに悪態をつく。これを見たローニャが「ビルクと二人きりで話をしなければならない」と訴え、マッティスが席を外すところからが今回の名場面だ。
 「マッティスは僕をぶたれ役の子供にでもするのかな? そんなの絶対になるものか!」と棘の口調で叫ぶビルクに、「あなたは熊の洞で凍え死ぬ方が良いっていうの?」と問い返すローニャ。続けてローニャは生命の大切さを説き、熊の洞に残ることは自分の生命だけでなく自分の生命をも無駄にする行為だと説く。これに「どうしてそんなことを言うんだ? どうして僕が君の生命を無駄に捨てなきゃならないんだ?」と絶叫で返すビルクに、「だって、あなたが熊の洞に残るなら私も一緒に残るからよ」とローニャが力強く返し、「この分からず屋!」と叫んでビルクの頬を殴る。「あなたがそうしたくても、嫌でもね」とローニャは続けているが、この一発でビルクは目が覚めたようだ。殴られた頬に手を当てながらローニャの方へ視線を移すビルクの表情は、怒りの表情は消えていた。「君、自分が今何を言っているのかわかているのかい?」と静かに問うビルクに、「解ってるわよ、私たちを別れさせるものは何もないってことにね。それにあなたもそれは知っているはずなのに…この分からず屋!」とローニャは叫び返す。するとビルクに笑顔が戻り「(名台詞欄の台詞)」と優しくローニャに語りかける。ローニャはここで満面の笑みを浮かべ、ビルクに抱きついて「私、あなたが大好きよ。ビルク・ボルカソン!」と語る。これを優しく受け止めるビルク。
 解説が長くなったが、このシーンは17話から続いてきた二人の新婚生活に幕を引くシーンであったことは確かだ。これを簡単に解決させず、ローニャとビルクの複雑な心境をあぶり出しながら丸く収まるよう、上手い具合に二人の「思い」を吐露させているという点でといも印象的なシーンとなった。
 もちろん、マッティスがやっとローニャを迎えに来たことはローニャにとって嬉しいことだったに違いない。だがそれはここでのビルクとの生活の終わりを告げるものであり、かつビルクを放って家に帰れないというローニャの心境、そしてそれがお見通しのマッティスの気持ちをもうまく描き出した。
 対するビルクは、ローニャに何度も迎えが来ていることが気に入らなかったと思うし、なによりもこの生活を終わりにして帰宅する決心もつかないままだ。ましてや自分を酷い目に遭わせたマッティス山賊の元に行きたくないのは当然だろう。
 だがここはローニャの「ビルクと一緒にいたい」という思いが全てを上回った。例えマッティスが迎えに来るという「家出終了のきっかけ」があったにしても、ビルクがここに残るなら自分も残るという思いをキチンと表明し、その結末として待っているものは二人がこの世の者でなくなるという「現実」。それをしてもローニャはビルクを放っておけないと訴え、そこにどんな思いがあるか気付かないビルクを殴ることでビルクの目を覚まさせた。このローニャの本気度がビルクの目を覚ますに説得力があるものとなった。
 そしてローニャの思いを知ったビルクは「いつものビルク」に何話かぶりに戻り、ローニャに改めて愛の告白、ローニャもこれに「大好き!」と答えたことで、この家出劇に見事オチがついたといって良いだろう。
感想  予告編では秋が深まりが予告され、マッティスの再登場が示唆されていた。これでローニャに「家出終了のきっかけ」が訪れたこととになり、これに対するマッティスの対応とビルクの反応をするかは今回の見所であっただろう。まさかマッティスがビルクを受け入れるとはなぁ。
 しかし、前回ロヴィスがローニャの説得に現れてから劇中時間で2ヶ月くらい、この間にマッティスに色々葛藤があったんだろうな。娘に頭を下げられないとか…でも結局は、ロヴィスに押し切られたのだろう。名場面欄のローニャとビルクのような出来事がマッティスとロヴィスの間にもあって、マッティスの目が覚めたという想像が出来る物語だ。
 そしてこの「家出生活」の終わりに前半を費やし、後半で何かが起きるように見せかけておいて何も起きない。ビルクも帰宅すれば両親が素直に受け止めたため、マッティス城で暮らすことはなさそうだ。こうして後半は、「何も起きない」話となってしまいちょっと拍子抜け。
 そして次回、何がどうなってマッティスとボルカが決闘することになるのか。これは楽しみだ。ひょっとしてこの家出について互いに相手の子供がけしかけたとか言い合うのか、それともペールが言うようにマッティス山賊とボルカ山賊の合併話が現実になるのだろうか。よく考えればあの森に山賊が2族もいるのはちょっと無理があるような気がする。
 そして残りはあと3話、どういう風に物語が結末を迎えるのかも見所になってきたぞ。

第24話「決闘の朝」
名台詞 「私、一番抜け目なくて利口なのは、山賊を辞めることだと思うわ。私、いつも、ずうっと、そう思っていたの。」
(ローニャ)
名台詞度
★★★
 マッティス城の夜の宴で、活動が活発になった代官の兵隊対策としてペールの口から出てきた提案は、マッティス山賊とボルカ山賊を統合して「ひとつの強い山賊団」となって兵隊と対峙するというものであった。その提案に対して「そのひとつの強い山賊の頭っていうのは、一体誰だ?」と問うた上で自分こそがそれに相応しいと力説するマッティスに、ペールはマッティスにボルカとの決闘をけしかける。そして決闘に勝ったマッティスが強い山賊団をまとめ上げ、兵隊達と対峙する方法を語る。これに「そいつは抜け目のないことだ」とマッティスが答えると、端でこのやりとりを黙って聞いていたローニャが立ち上がって、このように言うのだ。
 実はこのローニャの提案こそが、兵隊の活動活発化に対してマッティス山賊が取る最適解であるのだ。いまここで山賊を辞めてしまえば、兵隊達がマッティス達を排除する理由すら消えてしまうのである。同時にこうすることでボルカとの対決構造も消え失せ、ローニャとビルクは平和に仲良く暮らすことも出来るようになる。これはローニャが山賊のファミリーを乗り越え、ビルクと付き合っているだけでなく共同生活をしてきたから出てくる答えでもあり、ローニャが求めている「ビルクと平和に暮らすための未来」でもあろう。恐らく、このマッティスとボルカの対立構造が消え、ローニャとビルクの未来が約束されることが本作の結論であり、物語が目指す結末なのだと思われる。
 このローニャの台詞を聞いたマッティスや山賊達は驚く、だがペールは笑っていて、ロヴィスは微笑んでいる。これを聞いたペールの笑顔の理由は物語を追って行くと明らかになるし、ロヴィスはローニャとビルクの関係をよく見ているからローニャが出す当然の提案としてみているのだろう。そして実は、物語を追うとマッティスもこのローニャの言葉こそが最適解だと解っている事も判明する。だがマッティスは山賊として生きて行くこと以外の道を知らない人間だということも解ってくる。これらの思いをどうまとめて物語を決着に持ち込んで行くのか、このローニャの台詞は「その物語の終わり」を最初に思い起こさせる台詞であることは明白だ。
名場面 マッティスvsボルカ 名場面度
★★★★
 ある日のこと、「仕事」に出かける準備をしていたマッティスをボルカが呼び出す。ボルカは「手下二人を代官の牢屋穴から救い出した謝礼」として、今日は代官の兵隊が待ち伏せしているから山賊仕事は中止すべきと進言する。これを聞いたマッティスはボルカの前へ向かって歩きながら「どうやら俺たち、兵隊共にお行儀ってもんを教えてやらねばならないようだな」と語る。だがマッティスがボルカの前にたどり着くとボルカをまじまじと見つめながら「俺たち…?」と呟く。「何だよ、気持ち悪い」と返すボルカに、マッティスはため息をついて「俺たち、もしかしたらひとつになるのがいいかも知れないな」とペールから提案されている統合話を持ちかける。「お前、初めて利口なことを言ったもんだぜ」とボルカは感激した口調で返すと、ひとつの強い山賊団にはひとつの強い頭が必要でその適任者を知っていて、「そいつは俺だ」と力説する。だがマッティスがこれに高笑いで返すと自分もその頭に相応しい人間を知っていると語り、「そとつは俺だ」と力説する。ここで画面は次シーンへ切り替わる。
 物語が結末へ向けて大きく動き出す。前話でマッティスの口から「ペールがそう言っている」程度で出てきた「マッティス山賊とボルカ山賊の統合」という話は、今話の名台詞欄シーンでさらに強い提案として明確に浮かび上がってきた。そして名台詞による補強は、これこそが物語が結末へ向かう最大要素であることが示唆されたと言っていいだろう。こうなるとこの「統合話」は、何らかのきっかけでボルカ側にも提案されないと話が進まないことが見ている方にも解ってくるだろう。その「統合話」がボルカ側に伝わると共に、その方針が具体化して次の「決闘」へ話を進めたシーンがここといってよい。つまり物語は、このシーンをきっかけに本格的に結末へ向けて舵を切り、物語が結末を迎える前のクライマックスへと一気に突き進み始めたわけだ。
 前述したように、ペールの提案である「山賊の統合」の話がボルカにも伝わらないと話が進まなくなったわけだが、これを解決するためにペリエとボルカの手下二人が兵隊に逮捕されて同じ牢獄に閉じ込められたという設定を伏線としてうまく活用した。ペリエらがマッティスによって助けられたことで兵隊の活動が活発化するという展開が自然なものとなり「兵隊が待ち伏せしている」という展開に唐突感を与えなかっただけでない、ペリエと共にボルカの手下を救出したことでこの事実をボルカが伝えに来るということで、ペールの提案がボルカにも伝わるよう上手く話を作ったのだ。同時にボルカも「兵隊と対峙するためには山賊の統合は回避できない」と考えていたと言うことも、話を円滑に回した一因である。
 そして統合提案がボルカに伝わった瞬間から、潔く話は次へ向かっているのである。それこそがマッティスとボルカか互いに、「ひとつになった強い山賊の頭は自分だ」と言い張ったことである。そしてそこでこのシーンを突然切ってしまったことがこのシーンを印象付けたといって良い。二人の性格を考えれば「ではあなたがどうぞ」と譲り合うはずはなく、ここでの会話を続けても冗長になり白けるだけである。二人が項言い張れば決闘になるしかないのは誰の目にも明かで、無駄なことを省いて次のシーンへと急いだのは正解だ。
 さぁ、いよいよ物語はクライマックスへ。本作の設定がハッキリしたときから避けられないと解っていた「マッティスとボルカの決闘」というクライマックスへと突入して行くのだ。
感想  ローニャの「家出編」と言うか、ローニャとビルクの「新婚生活編」というか、とにかく森の中でローニャとビルクが生活する展開は前回で一区切り付き、今回からは新展開というかいよいよ物語が結末へ向かって本格的に動く。今話では冒頭のナレーション解説以外は、前話までの「家出」の余韻はほぼ引っ張らない。「ほぼ」としたのは前半にワンシーンだけ余韻を入れたからだ。最初の解説が済むと、早くも牢獄に入れられたペリエとボルカの手下達がマッティスによって救出されるシーンとなる。そしてそれを通じて何が起きたかをローニャがビルクとの会話を通じて解説するという形で「家出編」の未練を完全に断ち切ったように見せかけつつも、家出していた頃の話に少しだけ引き戻すという進め方は今話で感心した点の一つだ。もちろん、前話までの「家出」の話を引っ張るのも良くないが、何も語らないと「そりゃないよ」って感じにもなる。その辺りのさじ加減が上手く出来ていると本当に感心した。
 そして名台詞欄シーン、名場面欄シーンと物語が進む。ここで語られるのは詰まるところは「マッティス山賊とボルカ山賊の未来」だ。このふたつの山賊が対立してい