「あにめの記憶」9

世界名作劇場家族ロビンソン漂流記ふしぎな島のフローネ」

・「世界名作劇場」異色作
 「あにめの記憶」過去作品考察は「ガンダム」「しんちゃん」と取り上げてしばらく「世界名作劇場」シリーズから離れていたが、ここいらで久々に「世界名作劇場」に戻ってみようと思う。「ガンダム」は戦記であり、劇場版「クレヨンしんちゃん」は冒険譚であり、当サイトで取り上げてきた「世界名作劇場」シリーズとはまた違う世界を味わうことが出来ただろう。
 「世界名作劇場」シリーズ作品の多くが海外の児童文学作品をアニメ化しているということもあり、登場人物達の日常生活を通じてその中に少年少女の成長、家族の絆、友情という物語を紡いでいる。それに次ぐのはいわゆる「旅もの」で、主人公の少年少女が生き別れた肉親と再会するために旅に出て、その旅程の中で人々との出会いや別れを通じて主人公の成長を描く物語だ。「世界名作劇場」シリーズの作品を分類すると、殆どの作品がこのどちらかに当てはまる。当サイトで取り上げた中でも「南の虹のルーシー」「愛の若草物語」「わたしのアンネット」「赤毛のアン」「ポリアンナ物語」「こんにちはアン」は前者に分類できるし、「ポルフィの長い旅」は後者に分類できる。
 しかし僅かではあるが、このどちらにも分類できない異色作品が存在する。例えば「小公女セーラ」は主人公セーラの日常を追っているわけではなく、彼女が非日常の生活を長期間味わうことによって成長する物語である。使用人に落ちた富豪の娘セーラが、最終的に富豪の娘という地位を取り戻すことで使用人時代の出来事が「非日常」としての思い出になるためこういう構図になってしまうのだ。あるサイトで「小公女セーラ」は旅をしていない「旅もの」だという論を見たことがあるが、それはまさしくこのような物語の構図によると思う。
 そして「世界名作劇場」シリーズでもうひとつの異色作…つまり上記のどちらにも当てはまらない作品のもうひとつが、今回取り上げる「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」(以下「ふしぎな島のフローネ」と表記する)